« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ご存知でしょうか?

先日の花キューピット全国大会のオープニングセレモニーでの一こま。え、あの黄色い人は誰?って我らが花キューピットのシンボル、花キューピットちゃんですよー。意外とご存じない方が多いようです(笑)花キューピットのマークについてるでしょ。そーゆー私も着ぐるみを見たのは初めてだなー。俺か当支部の支部長が着たら巨大な花キューピットちゃんになるんだろうなー。やってみたいなー

仙台駅のコンコースで盛大に行われたセレモニーでした。テープカットは金の花バサミ。あれほしかった。オレンジのシャツを着ていらっしゃるのが地元の実行委員のみなさんです。本当にお疲れ様でした。仙台はいいところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

驚愕の裏側

先輩に紹介していただいた本が届いたので、早速読んでみた。
「なんじゃぁこりゃぁ~」という古典ギャグの出ないほどびっくりした。

今まで何気なく口にしていた食品の裏側。食べ物というものの見方が180度ひっくり返ってしまった。フェイトーザのブラジリアンキックがテンプルに直撃してもこんな衝撃は受けないだろう(推測)

いや、自分はもう何十年もこんな食べ物を食べてきたから、もう手遅れかもしれないが、何も知らずに子供たちにこんな食べ物を与えていた(もしくは容認してきた)のか。著者は言う。「子供は自分の食べるものを選択することはできない。親の出した食事を食べるしかないのだ」 そのとおりです。親が無知なだけでした。

安売りスーパーで特価の食品を買ってくる。「あぁ~安く買えてよかった」。ちょっと待て、なんでそんなに安いんだ?「そういう素朴な疑問をもて」とも著者は言う。自分も商売をしているのに、安く流通するものにはそれなりのワケがあると知っているのに。(話は違うがテレビを修理したとき修理員の方が「どちらでお買い求めになりました?」 「マルマル店です」 「分かりました。だからですね」 「おーい、ちょっと待て。同じ製品なんだからどこで買っても同じだろー」 「いやいや、はっはっは」 違うのか中身?)

とにかく衝撃の内容に寝るのも忘れて夜中まで読み通してしまった。ぜひ、すべての人に、特に小さなお子さんのお母さんに読んでいただきたい。いや、読んでくださいお願いです。筆者の言うように「安さ、便利さの代わりに私たちは何を失っているのか?」です。食品だけではなく今の便利な世の中の影の部分はどの業界でも確実に存在しているのですね。

タイトルは「食品の裏側」安部 司氏著書

検索すればすぐ見つけられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球観戦

仙台のフルキャストスタジアムで観戦してきました。ナイターなんてホント子供のとき以来。結構お客様も入っていて生の熱気を感じることができました。ちょうどいい風に吹かれながらビールを飲むっていいですね。

我々、花キューピットの全国大会の中の催し物の一つとしてスタジアムに行ったのですが予想以上に楽しくて、なかなか粋な企画でしたね。地元の実行委員のみなさん、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

男たちの大和!!

ず~っと見たかったこの映画!映画好きの店長から貸してもらいさっそく拝見。約2時間30分の長編だけど見始めればあっという間!まだ15.16歳の少年が死を覚悟して壮絶極まりない戦闘に挑んでいく潔さ、すごいです!こんな時代があったのかとあまりにもリアルで、見ていて涙が止まりませんでした。彼らはただ命に代えて愛する人を守りたかったー!!・・・なんて純粋なんだろう・・。今じゃ~ホント考えられないですよね。この映画を通して、生きていく事の大切さを改めて教えてもらいました。まだ見ていない人はぜひぜひ見てください!ハンカチは必須です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

夏休み

今週末に我々花キューピットの全国大会が仙台で開催されます。毎年全国の主要都市で開催されていて一般のお客様への花キューピットのアピールを行い、組合員間では年に一度顔を合わせる場となっていて毎年盛り上がっています。開催される地元の組合員さんは大変なのですが、大会運営を通して組合員間の協力意識も高くなるいい機会だと思います。

今期から花キューピット協同組合の理事を仰せつかっているので私も期間中、仙台で過ごします。そのためサイトでのご注文受付は今週いっぱいお休みとさせていただきますのでご了承くださいませ。来週から再開いたします。

レースをやっていたときは菅生、仙台ハイランドと2つのサーキットでのレースのたび仙台市内には銭湯にいったりご飯を食べたりしていました。本当に久しぶりの仙台で楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

これでもか

Gaber ガーベラです。こんなんもあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

夏本番!!

店頭に並ぶ鉢花の水やりは毎日の日課ですが、その頭上にある植物達への水やりを忘れてはいけません。売り物ではなくお店の飾りとしてツル性のアイビー類を吊るしはわせてあります。一年を通して丈夫で耐寒性に強いのでおすすめです。毎日のこの暑さで乾く乾く!頭上にライトもあるのでよけい乾くんですよね。頻繁に水やりしてあげないとかわいそうなくらい。冬場なんか一度あげたら暫くあげなくても全然OKなのに・・。高い位置にあり何箇所もあるので、水やりははっきりいってめんどくさーい!でも生きているからちゃんと世話してあげないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきます

世間はお盆休み。花屋は当然仕事中。一度人並みに夏休みをとってみたいものである。

先日テレビで見た食品の話。添加物の複合摂取の危険性(公式に確認はできていないそうだが)とは別に筆者は子供達に食事とはこうも簡単なものなのかとすり込んでしまう危険を指摘している。動物は基本的に自らが生きるために他の命を奪って生きている。それが自然の摂理なんだが、今日食べたお肉は牛さんの命の犠牲の上に自分の口に入っているということを感覚として想像できなくなってしまうのは命の尊さを軽視することにつながってしまうのではなかろうか。

以前、英語の先生に「いただきます」って英語でなんていうの?と聞いたところ食事の前に「いただきます」は言わないが、意味としては「Thank you for your life」だろうと。なるほど、そうかと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

なんてこった

Katura 誰だ、こんなことしたの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

Can you? Do you?

昨日、大先輩からおもしろい本を紹介していただいたので、早速帰ってから注文をした。小生、一ヶ月に最低3冊以上、本を読むことを自分に課している。今回のようにご紹介いただいた場合を除き、普段は某大手ECサイトでジャンルを選び、そのトップセラーから目に留まったものを適当に注文している。少々乱暴な選び方だが本屋さんへ行く時間もないのでちょっとした時間で注文できるのは大変便利である。

まぁ、購入者の評価を一応読んでから注文するのだが、たまに「やっちまった」と思う本もあって、なかなかスリリングでもある。大体、寝る前に横になってから小一時間が読書の時間で、本を開いたまま電気つけっぱで寝てることもよくある。幸い周りにも本を読める友達が多いので、いろいろなジャンルをまたいで自分の読んだ本の話題で盛り上がれるが、思うに本を読むのは好き、嫌いではなく、読めるか、読めないか。DoとCanの差だと思う。読めない人はどんなに勧めても絶対読まないし。

まぁ自分も若年の頃は一切読まなかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

注目の判定

判定結果が社会現象化してしまった亀田選手のタイトルマッチだが、さすがに百論出つくしたようだ。小生もボクシングをはじめとして格闘技は大好きで若年の頃、レースの道かボクシングか迷ったこともある(どっちも痛いスポーツだな)

新チャンプの亀田選手には心から「おめでとう」と「よくがんばったね」と言ってあげたい。彼はルールの中で勝利しチャンプになったのは事実でありそれが全てだ。今後ともがんばって偉大なチャンピオンになってほしい。

が、試合を見ていたファン、観客の印象と判定結果が大きく食い違っていたことは非常に遺憾に思わざる得ない。アマチアの試合だったら問題ないでしょ。でもプロスポーツはファン、観客あってのもので、誰も見ないようなスポーツではプロとして成立しない。ボクシングの判定基準が大変難しく一般の人間には全く理解できないものであれば、わざわざお金払って誰も見ないでしょ。プロスポーツのルールはやはり明確で分かりやすいものでなければ支持を得られないものだと改めて感じました。亀田選手のプロモートには非難の声が大きいと聞きますが、彼のピュアな気持ちを単に商材として消費されてしまわないように周りの身近な大人がもっと守ってあげたらいいのにと思います。一緒になってキャラ作りに躍らせれてちゃダメだよ。大人なんだから・・

我々の業界もいろいろなレベルでフラワーデザインコンテストを行っているのだが、これも一般の方から見ると採点基準、分かりにくいよなぁ・・・今後一般の方に向けて積極的にアピールしていこうと考えたとき、いかに見ている方にわかりやすい採点基準を伝えられるのか、そこをもっと考えていかなきゃ業界の自己満足になってしまいそうで心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

だいぶ大きくなりました~

毎年卵から育てている店長のお母さん。今年は孵るのが少し遅く心配していたけど、3箱中2箱孵り随分と大きくなりました。鈴虫仲間のご近所さん家ではもぅ鳴いてるそう、随分と優秀です!・・・うちは~まだだけど鳴き始めたらお店に置くそぅなので今から楽しみでーす!ゴ○ブ○みたい~!と最近では嫌がられる事の多くなった鈴虫くん。そうかな?私はそんな風には思わないけど・・。毎年育てているとまるで子供のようにかわぃぃんだってさ!私は毎年鈴虫が鳴き始めると、夏が来たな~と実感しますね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »